矯正歯科

矯正歯科 矯正歯科2

理想的な歯並びや顎の位置を作る事で、
見た目の改善はもちろんのこと、
将来的な虫歯や歯周病の予防にも関与します。

そして、食べ物をきちんと噛めるようになるので、
消化吸収を助け、身体への負担も軽減でき、
全身の健康作りにも繋がります。
私たちは、美しくかつ機能的な歯並びから生まれる、
その人本来の健康と明るい笑顔こそが
矯正治療の最大の目的と考えております。

矯正歯科4

                1.虫歯や歯周病になりやすい

           歯がでこぼこしていたり、重なっている場合は必ず磨き残しが

           あります。その汚れが長年積み重なり、

           虫歯や歯肉炎さらには歯周病にかかりやすくなります。

 

          2.食べ物を咬む機能が低下する

           歯並びが悪いと、食事の際、しっかり咀嚼することができません。

           そのため食物をそのまま飲み込んで、

           胃腸に負担をかけ続けることになります。

 

          3.発音がしにくくなる
             咬み合わせの状態によっては、サ・タ・ラ行などに

           発音障害を生じることがあります。

           本人は正確に発音しているつもりでも周りの人が聞き取りにくく、

           誤解を生じてしまうこともあります。

 

          4.顎の関節に負担をかける
           歯並びや咬み合わせの悪さから顎の関節に負担がかかり、

           口が開かない、顎の関節音がする、

           口や顎の周囲の筋肉が痛むといった症状が出てきます。

 

          5.歯並びがコンプレックスになってしまう
           下顎が出ていたり、出っ歯であったり、

           歯並びがでこぼこしているせいで、

           口を開けて笑うことをためらう人も少なくありません。

 

          6.顎の発育に悪影響を及ぼすことがある
           受け口(反対咬合)のお子様の場合、

           成長とともに下顎がさらに成長する可能性があります。

           また顎が左右どちらかにゆがんでいる場合などは、

           成長とともに顔がゆがんでくる場合があります。

 

          7.悪い姿勢、肩こり、腰痛など全身的な影響がでる
           受け口(反対咬合)や出っ歯のお子様は正常な咬み合わせのお子様に比べ、

           口の周囲の筋肉の機能に異常をきたすことがあります。

           筋肉は全身的に働きが関連しているため、

           悪い姿勢、肩こり、腰痛を防ぐためにも、

           口の周りの筋肉のバランスを整える必要があります。

 

矯正歯科5

         1.永久歯を抜かない矯正の可能性が格段にあがります
            永久歯がはえる隙間が足りない場合、奥歯を後ろに移動させたり、

          顎の横や前の成長を促すことにより隙間を作ります。

          小児矯正により将来的に抜歯せず、ワイヤーによる成人矯正(本格矯正)

          が可能になります。※個人差がありますので、「必ず」ではありません。
         2.顎の成長のバランスを整えることができます
          正常な発育を妨げるような歯並びや癖を改善し、

          顎や顔の成長のバランスを整えます。

          放ったままにしておくと外科的な手術をしなければ治らないケースを

          避けることができます(もちろん遺伝要因もありますので個人差があります)。

 

         3.口の本来の機能を取り戻します
          指しゃぶりや舌癖は、歯並びだけでなく発音や

          食べ方・飲み方に大きく影響を及ぼします。

          さらに普段から口を開けるなどの悪い癖を引き起こします。

          早期に癖を改善するとともに口の周りの筋肉や舌の動きのトレーニング

          をして正しい筋肉の動きの習得を目指します。

 

         4.早めの対処で永久歯での矯正期間が短くなります
          上下の顎の成長をコントロールしたり、

          永久歯を正しい位置にはえるように導くことにより、

          成人矯正(本格矯正)の期間が短くなったり、必要なくなる場合があります。

 

         5.コンプレックスの解消
          早期に目立つ部分の歯並びを改善してあげることによって、

          健全な精神発達の環境を整えてあげることができます

 

 
 

矯正歯科6

初診相談 
治療の開始時期、予測される使用装置、治療期間

精密検査 
レントゲン写真、歯列模型、診査

診断(治療計画の説明) 
現在の問題点、治療計画の詳細、治療費など

治療スタート(定期通院) 
通院頻度、口の中の確認

保定(メンテナンス) 
歯を支える骨が安定するまで保定装置(リテーナー)を装着し経過観察する

矯正歯科7

         Q1.悪い歯並びは治さないといけないのですか?
          実際に80歳で20本の歯が残っている方の歯並びを調べてみると、

          良い咬み合わせ・歯並びの方がほとんどであったという報告があります。

          また、歯並びが良くないと、虫歯や歯周病にかかりやすくなり、

          咬み合わせが悪いと食べ物の消化にも影響します。

          矯正治療の目的は、歯並びを整えて、

          心身ともに健康で生活の質を向上させることにあると考えます。

 

         Q2.矯正治療はいつごろから始めるといいですか?
          一般的に、『永久歯の前歯がはえた頃』とか『永久歯がはえそろったころ』と言われますが、

          歯並びや咬み合わせの状態によって治療を開始するタイミングは異なります。

          咬み合わせが原因で顎の成長方向がずれている場合などは乳歯の時期でも

          治療を開始することがあります。

 

         Q3.治療中の痛みはありますか?

          矯正治療は全くの無痛ではありません。しかし、いつも痛いわけではありません。

            矯正治療の痛みは、装置を介して歯の根っこ(歯根)に矯正の力が伝わり、

            顎の骨の中を動くときに生じる痛みです。痛みの程度には、個人差がありますが、

            矯正の力は2,3日で弱くなるので、痛みもそれに伴い少しずつ消えていきます。

          特に、痛み止めを飲む必要もありません。